スポーツ施設が充実している千葉の公園(2)

千葉県立柏の葉公園

千葉県立柏の葉公園は、千葉県柏市柏の葉四丁目にある千葉県立の都市公園(広域公園)です。指定管理者制度に基づき、柏の葉公園管理グループ(一般財団法人千葉県まちづくり公社、国立大学法人千葉大学、株式会社アイビックスの共同事業体)が管理・運営を行っています。

名称の由来

柏の木が厳しい冬を越えて新芽が出るまでの間、前の葉が落ちずにい続けることに因み、1985年(昭和60年)時に柏市立田中小学校の教頭であった人物によって命名されました。

公園の始まり

元々同地は旧帝国陸軍東部第105部隊が使用していた軍用地であり、日本初のロケット戦闘機秋水も駐留していた柏飛行場で跡地です。戦後、アメリカ軍・柏通信所に接収され、1981年(昭和56年)に政府と県、市との間によって締結された跡地利用に関する覚書に沿って、日本国が所有する分を東京大学の柏キャンパス、千葉大学園芸学部附属柏農場(現 環境健康フィールド科学センター)として、県と市の所有分を広域公園として整備することを計画したものです。

柏の葉公園総合競技場

公園の中心施設である柏の葉公園総合競技場は、当初は市民規模の大会に利用できる程度の小規模の陸上競技場を予定していましたが、Jリーグ入りを目指していた柏レイソルのホームスタジアムとして利用できることを前提として収容人員を20,000人収容(当初は15,000人)に拡大することを念頭に設計を変更し1996年(平成8年)に着工、1999年(平成11年)4月に完成しました。

公園施設

総合競技場以外の施設も順次整備されていき、桜の広場、西洋庭園(バラ園)、日本庭園(『牧ノ原園』)公園センター(緑化関連の施設)、コミュニティー体育館、ボート池(レストハウス併設)、野外イベントステージなども開設されています。ちなみに日本庭園は茶室を備えた本格的なものです。

野球場

野球場が総合競技場バックスタンドの裏手、第1駐車場に隣接する位置に建設中でありましたが、2010年(平成22年)4月26日に正式開場され、同年7月19日には柏市では初のプロ野球開催となるイースタンリーグ公式戦・千葉ロッテマリーンズ対読売ジャイアンツの試合が行われました。なお、同年中には国体会場(テニス)として利用されることが決まっています。

イベント

一般市民の楽しみとしては、公園センター、コミュニティ体育館、茶室を中心に年間数十回の講習会が開催され、春には「スプリングフェスタ・子供まつり」、秋には「花と緑のフェスティバル」などの数万人規模のイベントが開催され、街のにぎわいに一役かっています。またドッグラン(登録制)も開設され、ウィークデーの人気スポットとなっています。

公園デビュー体験談

青葉の森公園

青葉の森公園は、千葉県千葉市中央区にある県立の広域公園です。農林水産省畜産試験場の跡地につくられ、1987年(昭和62年)に開園しました。広域避難場所に指定されています。自然が多く、桜や梅の名所です。ネイチャーゾーン、レクリエーションゾーン、カルチャーゾーン、スポーツゾーンに分けられていて、陸上競技場などのスポーツ施設や博物館や文化ホールなどの文化施設も充実しています。家族連れで楽しむことができるほか、芸術文化ホールでコンサートが開かれたり、スポーツプラザを利用して小中学校の総合体育大会などの体育行事が行われたりもします。

施設

ネイチャーゾーン
  • 里の森
  • はらっぱ
レクリエーションゾーン
  • 中央広場
  • わんぱく広場
  • おはなみ広場
  • 水の広場
  • 花博記念庭園
  • さくら山
  • 渓流園
  • つくしんぼの家
カルチャーゾーン
  • 公園センター(公園管理事務所、緑の相談所)
  • 県立中央博物館
  • 生態園
  • 梅園
  • 芸術文化ホール
  • 彫刻の広場
  • 西洋庭園
  • 荒久古墳
スポーツゾーン
  • スポーツプラザ 陸上競技場
  • 野球場
  • テニスコート
  • 弓道場

公園情報

開園時間
入園自由です。ただし、公園センター・つくしんぼの家・スポーツプラザの利用時間は、9:00~17:00(テニスコートは21:00まで)。中央博物館と生態園は9:00~16:30(入館は16:00まで)。
開園日
年中無休。ただし、公園センター・つくしんぼの家・中央博物館・生態園・芸術文化ホールは毎週月曜日(月曜日が祝日等の場合は翌日)と年末年始は休み。スポーツプラザは年末年始と施設整備日のみ休み。
入園料
無料。ただし、中央博物館とスポーツプラザの利用は有料。テニスコートと野球場は予約制。陸上競技場と弓道場の個人使用は当日受付(専用使用の場合、陸上競技場は予約制、弓道場は随時受付)。

アクセス

電車・バス

(1)西口(公園センター・彫刻の広場・芸術文化ホール等)

  • JR千葉駅東口2番乗り場から千葉中央バス(「中央博物館」行き)で、「ハーモニープラザ」下車、徒歩4分。
  • JR蘇我駅東口の2番乗り場から千葉中央バス・小湊鉄道バス(「大学病院」行き)で「芸術文化ホール前」下車。
  • 京成千葉寺駅から徒歩約8分。

(2)北口(中央博物館・梅園・はらっぱ・花博記念庭園等)

  • JR千葉駅東口7番乗り場から京成バス(「大学病院」行き、「大学病院南矢作」)、ちばシティバス(「川戸都苑」行き)「中央博物館」下車、徒歩7分。
  • JR千葉駅東口2番乗り場から千葉中央バス(「中央博物館」行き)で、終点「博物館・文化ホール」下車、徒歩1分。
  • JR蘇我駅東口の2番乗り場から千葉中央バス・小湊鉄道バス(「大学病院」行き)で、「中央博物館」下車、徒歩約5分。
  • 京成千葉寺駅から徒歩約20分。

(3)南口(スポーツプラザ・おはなみ広場・わんぱく広場・つくしんぼの家等)

  • JR千葉駅東口2番乗り場から千葉中央バス(「星久喜台」経由)で「青葉の森スポーツプラザ」下車。
  • JR蘇我駅東口2番乗り場から千葉中央バス・小湊鉄道バス(「JR千葉駅」行き)で、「松ヶ丘十字路」下車。徒歩7分。
  • JR蘇我駅東口3番乗り場から千葉中央バス・小湊鉄道バス(「JR千葉駅」行き)で、「青葉の森スポーツプラザ」下車。徒歩7分。

自動車

京葉道路 松ヶ丘ICから約5分~7分。駐車場は3ヶ所。駐車料金は、普通車が4時間までは300円で4時間を超えると600円、大型車は1日2400円。

水と緑の運動広場

千葉県印旛郡の栄町を流れる利根川沿いにある運動公園です。夜間照明を備えた野球場とテニスコートを備えています。テニスコートは、サンドフィル型の人口芝を使用した全天候型です。広い敷地内には、多目的広場もありフィットネスジョギングコースが作られています。全長800mのコースには、20種類の運動遊具が並び、ジョギングにアクセントを加えることができます。

岩名運動公園

千葉県佐倉市の岩名運動公園には、毎年7月15日~8月31日の夏休みシーズンにオープンするプールがあります。9本のコースが並ぶ50mプールと、幼児プールを備えています。プールを囲む運動公園には、2つの野球場や、陸上競技場、8面のテニスコートがあり、水泳や水遊びだけではなく、様々なスポーツを楽しむことができます。

アクセス

京成電鉄「佐倉」駅北口より徒歩25分。

高洲中央公園

高洲海浜公園にほど近く、市内でも最も設備が整った少年野球場、またテニスコートもあります。駐車場があり広い公園なので、ちょっと遠くからも遊びに来る親子が多いです。園内にはぐるりと1周できるような遊歩道があります。新浦安の住宅街にある公園です。テニスコートや野球場がありますが、事前に予約が必要です。遊歩道も豊富にあり、くつろげる公園でもあります。

内みのわ運動公園

千葉県君津市にある総合公園です。体育館をはじめ陸上競技場、テニスコート、屋外プールなどのスポーツ施設を完備しています。運動施設だけでなく、ブランコ、すべり台、ちびっこ球技場、砂場を備えた「ちびっ子広場」は、子ども達の格好の遊び場となっています。広大な敷地内には、池を備えた日本庭園や、サクラの丘、梅林、しょうぶ園、けやきの丘などが設けられ、自然と触れ合うことができます。

交通情報・アクセス

JR内房線「君津」駅よりバス「市民体育館」または「小糸中島」行きで「市民体育館」下車徒歩3分。

おそとで あそべる おもちゃ