スポーツ施設が充実している千葉の公園(1)

千葉県総合スポーツセンター

千葉県総合スポーツセンターは、千葉市中心部から4キロ離れた丘陵地に総合運動公園があり、その中のメイン施設とされている陸上競技場。スポーツセンターと公園内各施設の運営管理は、開設当初は千葉県教育委員会が直轄、1993年4月からは県教委の外郭団体「千葉県スポーツ振興財団」が受託、同財団が解散した2006年4月からは再び県教委の直轄となっていましたが、2009年4月からは指定管理者制度を導入しています。お昼ご飯については競技場周辺にコンビニやラーメン屋などが点在しています。スポーツセンター駅前にはコンビニもあるので、子連れには嬉しいですね。

概要

千葉県千葉市稲毛区にある運動公園である千葉県総合スポーツセンターには、他にもサッカー・ラグビー場、野球場、補助グラウンドなど13の施設があります。陸上競技場の収容人数は3万人。ヴァンフォーレのメインスタジアム、小瀬陸上公園よりも2周りほど大きいです。観客席から見るピッチはごく普通の陸上競技場で可もなく不可もありません。全国の総合運動公園の例にもれず、ここも昭和46年の若潮国体のメイン会場。以前は高校サッカー選手権大会の準々決勝までこの会場で行っていましたが、2003年度以降は市原臨海競技場や柏の葉サッカー場で行っています。アクセスで見るとこの会場の方が便利ですが、トラックのインフィールドに走り幅跳びのコースがあり、ピッチの長さが足りないせいではないかと思われます。

千葉県総合スポーツセンターの歴史

1933年
千葉市千葉寺(現中央区)に千葉県総合運動場として開場しました。
1962年
県が「千葉県スポーツセンター」の建設計画を発表し、これに基づいて同市天台町(現稲毛区)で新たな「千葉県総合運動場」の整備が進められました。翌1963年の陸上競技場着工を皮切りに各施設が順次整備され、1972年までにほとんどの施設が竣工。1973年の若潮国体ではメイン会場となりました。
1999年
総合運動場内に「千葉県スポーツ科学総合センター」が竣工されました。この総合センターと総合運動場は2003年に機関統合を実施して「千葉県総合スポーツセンター」が発足、総合運動場も同名称となりました。

主な施設

  • 千葉県総合スポーツセンター陸上競技場
  • 千葉県総合スポーツセンター第2陸上競技場
  • 千葉県総合スポーツセンター硬式野球場(天台球場)
  • サッカー・ラグビー場
  • 弓道場
  • 相撲場
  • スポーツ科学センター
  • 庭球場
  • ソフトボール場
  • 体育館
  • 軟式野球場
  • 武道館
  • 宿泊研修所

アクセス

アクセスはモノレールでスポーツセンター駅で下車するのが一般的ですが、都心から来る場合は稲毛駅から歩いても行こうと思えば行ける距離です。2キロほど歩きますが、散歩がてらいい運動になります。

駅から徒歩
千葉都市モノレール「スポーツセンター駅」より、歩いてすぐです。
バス
JR総武線稲毛駅より1番線。京成バス[稲01][稲02]草野車庫・こてはし団地行き乗車(約15分)スポーツセンター下車、歩いてすぐです。土休日日中の発車間隔は1時間に6本程度です。
タクシー
JR総武本線稲毛駅から10分程度
公園デビュー体験談

市原緑地運動公園

市原緑地運動公園は、千葉県市原市岩崎にある運動公園。国道16号沿いにある運動公園で、各種スポーツ施設が利用できる。また、緑地帯が南北に長く延びて存在しており、すぐそばにある工業地帯から発生する大気汚染などの公害を防ぐための緩衝緑地となっている。多くの市民大会やイベントに利用されており、春先には桜並木を楽しむことができる。

施設

  • 野球場
  • 市原臨海球場 陸上競技場
  • 市原緑地運動公園臨海競技場 トラック1周400m×8コース、天然芝フィールド プール
  • 50m×8コース、幼児用プール テニスコート
  • 第一庭球場 クレイコート6面 第二庭球場 オールウェザーコート6面 体育館
  • バスケットボールコート2面 バレーボールコート3面 バドミントンコート8面 緩衝緑地帯

交通アクセス

  • JR五井駅西口から
  • 臨時バスで約5分
  • 姉ケ崎駅西口(潮見通り・アピタ前経由)行きバスに乗車、「吹上通り角」下車。徒歩10分。

八幡公園

ロングパイル人工芝を使用した球技場のほか、テニスコートやプールがあり、土日は多くの利用者で賑わいます。人工芝の球技場と面のテニスコートがあり、夜間のための照明設備も整っています。夏場には市営プールもオープンします。特にチューブスライダーを備えたプールは子どもたちに大人気です。

松山下公園

陸上競技場として整備中の大きな公園。高台に上ると壮大な景色が望めます。広い児童公園や遊歩道もあるので、現在でも十分多種多様な楽しみ方ができます。野球場(ナイター設備あり)、陸上競技場、テニスコート8面(ナイター施設、壁打ち場あり)、ゲートボール場、児童公園、キャッチボール場、休憩所、駐車場、付近にコンビニがあります。

アクセス

交通アクセスが悪く、周辺歩道も整備されていない状況なので要注意です。また、出口は非常に見通しが悪いので余裕を持っていきましょう。

  • 千葉レインボーバス、ふれあいバスで「松山下公園」下車
  • 木下街道沿い・柏印西線交差付近

高花公園

設備が充実した野球場やテニスコートを完備し、手軽にスポーツが楽しめます。22005平方メートルという広大な敷地を誇る「高花公園」は、野球グラウンドとテニスコートを完備しており、気軽にスポーツが楽しめます。また、園内には子供用の遊具も設置しているので、小さなお子様連れにもおすすめです。周辺には、保育園や小学校、中学校などが複数あるので、いつも賑やかな雰囲気につつまれています。

交通情報・アクセス

JR北総線千葉中央ニュータウン駅から徒歩25分。

浦安市運動公園

ディズニーリゾートに隣接、比較的都会にある公園のわりに自然が豊富な公園で、スポーツ施設も充実しています。総合体育館にはさまざまな室内競技ができるメインアリーナ・サブアリーナのほかに、室内プールや弓道場・武道場もあります。

浦安市運動公園総合体育館

浦安市運動公園総合体育館は、千葉県浦安市舞浜の浦安市運動公園内にある総合体育館です。

各種スポーツイベントの利用が可能なメインアリーナ・サブアリーナの他に、第1・2武道場、弓道場、卓球室などを備えています。

日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属するバルドラール浦安フットボールサラの本拠地です。

施設概要

メインアリーナ
  • 49m×37m
  • 観客席固定1,010席・ロールバック784席・車椅子4席
  • バスケットボール2面
  • バレーボール4面
  • バドミントン10面
  • 卓球24面
サブアリーナ
  • 36m×24m
  • バスケットボール2面
  • バレーボール3面
  • バドミントン2面
  • 卓球26面

所在地

千葉県浦安市舞浜2-27

アクセス

  • JR舞浜駅より徒歩10分
  • 東京ベイシティ交通運動公園バス停下車すぐ
おそとで あそべる おもちゃ