歴史を感じることが出来る千葉の公園

里見公園

里見公園は千葉県市川市国府台にある市立公園です。春の花見の名所として知られます。面積8.2ha。江戸川の流れを見下ろす高台にあるため、江戸川、東京東部の市街、富士山等山々の眺望に優れています。15世紀に、この地に太田道灌が仮陣を置き、弟の太田資忠らが国府台城を築きました。その後、16世紀に里見氏・後北条氏の間で2度にわたる国府台合戦が戦われました。所柄とても静かで、ゆっくりとくつろぎたい人にはうってつけの公園です。園内には猫がたくさんいて、とても人に慣れています。河川敷の駐車場から公園までの道のなかに、長い階段からいけるルートがあったりするので、いろいろと楽しめる場所が豊富といえる公園です。

公園の歴史

  • 公園の南半分の西洋庭園部分には、旧陸軍の病院(陸軍衛戍病院)があり、戦後も国立国府台病院(現・国立国際医療センター国府台病院)の精神科病棟として使用されていました。
  • 公園の北半分の樹林の中には、1933年(昭和8年)まで里見八景園という遊園地があり、今も園内にはその庭園の名残が残されている。その後は私設の「里見公園」となりましたが、戦争の激化に伴い、旧陸軍の管理するところとなり、太平洋戦争中はこの樹林の中にいくつもの防空壕が掘られました。
  • 1958年(昭和33年)、市川市立の公園となり、南半分の国府台病院の病棟が移転した跡は西洋式庭園となり、北半分の樹林の中の防空壕も埋められ、今日のように整備されました。

公園概要

里見公園は、国府台地区にある広さ8.2ヘクタールの公園です。ここは里見城ともいわれた里見八犬伝で名高い古戦場跡です。ここ一帯は永禄年間(1558年~1569年)に小田原の北条氏と安房の里見氏が激戦した古戦場でもあります。里見公園内には、約300本の桜があり、国府台の高台から江戸川を見下ろす眺めがすばらしく、4月には見事に咲き誇ります。訪れる人や花見客を楽しませてくれます。北原白秋の旧居「紫烟草舎」や「羅漢の井」、「明戸古墳」、「里見氏の墓」など旧跡もあります。里見公園は自然が残されているため、春秋は小学校や幼稚園の遠足の地として親しまれています。近くの江戸川堤、矢切の渡しと結んで散策コースとして歩かれることが多いです。さらに、市川市では、京成線国府台駅・江戸川堤・里見公園・国府台緑地・じゅん菜池緑地・小塚山緑地・堀之内貝塚公園・北総線北国分駅をつなぐ道を、散策路「市川水と緑の回廊」として整備しています。公園の北半分は自然を残した樹林で、石棺の露出した前方後円墳の明戸古墳、国府台合戦の伝説を伝える夜泣き石(公園に隣接する総寧寺から移設)、北原白秋の旧居紫烟草舎(江戸川区から移築)等が残っています。

公園紹介

一部に、園内に高射砲陣地があったとの説が流布していますが、誤りです。これは、以前、明戸古墳西(現お花見広場)にすり鉢状の大きな竪穴が2つあり、近所の子供たちが高射砲を据えた跡だといったのが始まりです。この竪穴は防空壕の跡であることが明らかになっています。陣地の存在について、市川市立歴史博物館でも、この確たる根拠はないとの見方をとっています。園内北の樹林は、月光仮面(KRテレビ〈後のTBS〉)、失楽園(よみうりテレビ)など、テレビドラマ等の撮影に使われたことも多いです。

公園の庭園

公園の南半分は西洋式庭園で、桜が多く、近年はバラの育成にも力を入れています。また、江戸川に近い斜面林の中に、弘法大師発見と伝えられる湧き水の羅漢の井が残っています。

交通

京成本線
国府台駅から江戸川堤を歩いて15分。同駅から京成バス松戸行きで国立病院前下車徒歩5分。
JR総武線
市川駅から京成バス松戸行きで国立病院前下車徒歩5分。
公園デビュー体験談

五本松公園

千葉県我孫子市にある公園です。縄文時代の「貝塚」のある斜面からは手賀沼を眺めることができ、古代に手賀沼周辺で生活した人々の生活が偲ばれます。緑豊かな園内には、木製遊具、あずまやなどが点在し、子ども達の遊び場として最適です。また、駐車場の南側の広場には野外卓6基を備えたバーベキュー場があり、キャンプ気分を味わうこともできます。

公園紹介

園内にはあずま屋があって、手賀沼が展望できます。また公園の南斜面には、縄文時代の「貝塚」も見ることもでき、古代の手賀沼での生活が想像できます。手賀沼公園からこの公園の下までは、約5キロの手賀沼遊歩道が整備されています。

アクセス

JR成田線「湖北」駅南口より南西へ徒歩約25分(約2キロ)

佐倉城址公園

江戸時代に堀田氏の居城であった佐倉城の城跡一帯を整備した公園です。城の建物は明治初期にすべて取り壊されましたが、土塁や空堀跡などが残り、往時の面影をとどめています。樹木の茂る園内には芝生広場や散策路、姥が池が配されています。園内の桜は約740本、歴史民俗博物館の区域を入れると合計1100本以上にもなる花見の名所となっています。本丸跡の芝生広場などで、弁当を広げて花見を楽しむ家族連れの姿が多く見られます。

佐倉城

佐倉城は、千葉県佐倉市にあった近世の城郭です。佐倉城は、鹿島山の西端部に築かれ、西側と南側を囲みこむように鹿島川とそれに合流する高崎川が流れ北側には印旛沼に至る低湿地が広がっていました。戦国時代、本佐倉城主千葉親胤が大叔父にあたる鹿島幹胤に命じて築城を開始しましたが、親胤が暗殺されたために工事は中止され、千葉邦胤の代にも工事が試みられたものの今度も邦胤の暗殺によって完成することはありませんでした。ですが、いつしか築城予定地には鹿島親幹にちなんで「鹿島台」と呼ばれるようになったといいます。

歴史

  • 1610年(慶長15年)に、徳川家康の命を受けた土井利勝によって築城が再開され、ついに佐倉城が完成しました。江戸時代は佐倉藩の藩庁が置かれました。城主は江戸幕府の要職に就くことが多く、なおかつ初期は城主の入れ替わりが多く、江戸初期に城主であった堀田正信の弟・堀田正俊の孫・堀田正亮が11万石で再入封(後期堀田氏ともいう)してからは、安定した藩の経営を行っています。
  • 城郭は比較的質素で石垣を一切用いず、干拓以前の広大だった印旛沼を外堀の一部にし、三重櫓(御三階櫓)を天守の代用としています。このようなケースは関東地方を領した、要衝を預かる城郭を除き、川越城や古河城などの譜代各藩の城にみられました。
  • しかし、明治維新後に廃城令により建物を撤去。その後帝国陸軍歩兵第2連隊、後に歩兵第57連隊(通称・佐倉連隊)の駐屯地となったため、更に佐倉城の名残は消し去られてしまいました。1962年(昭和37年)3月28日市の史跡に指定され、現在は跡地に佐倉城址公園が建てられていて、その一区画に国立歴史民俗博物館が建っています。
おそとで あそべる おもちゃ