お花・樹木が自慢の千葉の公園

水郷筑波国定公園

水郷筑波国定公園は、関東平野東部に位置する国定公園。茨城県と千葉県にまたがり、霞ヶ浦、潮来、佐原などの水郷地帯、鹿島神宮、香取神宮、犬吠埼~屏風ヶ浦に至る海岸線を含め水郷国定公園と定めました。1959年3月3日指定。後の1969年2月1日に筑波山、加波山地域を加え水郷筑波国定公園としました。江戸時代から人々に親しまれた景勝地が多く、現在も年間の利用者が多いです。また、鹿島、香取など近辺には著名な神社があり、筑波山も山岳信仰で名を高めた地であることから、文化的景観保護の意味合いも強い公園といえます。なお、同公園は茨城県下では唯一の上級公園です。

水郷筑波国定公園の歴史

1934年(昭和9年)
千葉県が水郷として銚子、笹川町から神崎町間の利根川沿岸、香取神宮、手賀沼を千葉県立公園に指定。
1951年(昭和26年)
千葉県・茨城県が「日本水郷国立公園」指定の申請書を厚生省に提出。
1951年(昭和26年)11月
千葉・茨城両県選出の国会議員により「日本水郷国立公園促進議員連盟」を結成。会長:徳川宗敬、幹事長:山村新治郎 (10代目)。
1952年(昭和27年)5月
千葉県における「日本水郷国立公園期成同盟会」設立。会長:佐原市長、副会長:銚子市長、東金町長。
1959年(昭和34年)3月3日
九十九里海岸や筑波山、大洗海岸などの範囲の切捨てを経て、霞ヶ浦沿岸、鹿島神宮、香取神宮、水郷大橋以東の利根川沿岸、横利根川、北利根川、与田浦、下津海岸、神之池、銚子黒生海岸から屏風ヶ浦一帯が水郷国定公園として指定。
1962年(昭和37年)6月
郵政省が記念切手シリーズとして水郷国定公園の切手を発行。
1969年(昭和44年)2月1日
筑波山や加波山を編入し水郷筑波国定公園となりました。

水郷筑波国定公園の自然

  • 筑波山(標高は877mとさほど高くないのですが、一帯が平坦な平野地帯であるために目立ちます。古くからその山容の美しさが称えられてきました。日本百名山のひとつです。)
  • 霞ヶ浦
  • 鹿島神宮
  • 利根川下流(潮来、佐原、十二橋など水郷一帯)
  • 香取神宮
  • 犬吠埼
  • 屏風ヶ浦

動物と植物

動物では霞ヶ浦はオオヨシキリ、カイツブリ、コサギなど、犬吠埼ではウミウ、ウミネコなどの海鳥類が多く渡来し、その姿を確認できます。筑波山地一帯も禽獣の宝庫で、タヌキ、イノシシのほか、カワセミ、オオタカなどの鳥類も見られます。利根川は古くから暴れ川で知られ、そのために下流域一帯には湖沼群が見られます。水郷一帯にはマコモ、ヨシ、ガマ、アサザ、ヒシなどが繁茂し、水生植物の宝庫です。潮来はアヤメなど湿地植物の繁茂が見られ、古くから人々の目を楽しませてきました。聖域として保護されてきた鹿島神宮の社叢にはスダジイ、タブノキの巨木も見られます。筑波山麓は植生の垂直分布が見られ、山麓には暖地性のアカマツなど、標高500m以高は落葉広葉樹、そして山頂にはブナ林が確認されています。地質学的には屏風ヶ浦が特筆され、海蝕による断崖形成が顕著です。

公園デビュー体験談

佐久間ダム親水公園

千葉県安房郡の鋸南町を流れる佐久間川下流域に作られたダムを囲む公園です。ダムは1992年に周辺の耕地に水を潤すために作られました。ダムを囲むように公園が整備され、頼朝桜やソメイヨシノなどの桜が約2000本、各種の梅が約150本、植栽されています。桜と梅の名所として知られ例年、桜のシーズンには各種の桜の開花にあわせて、頼朝桜まつり、桜まつりが開催されています。

アクセス

電車
JR「安房勝山」駅よりバスで約35分「佐久間ダム入り口」停下車。
富津館山道路「鋸南富山」ICより県道184号線経由約5分,富津館山道路「鋸南保田」ICより県道34号線経由約10分。

青葉の森公園

品種数が多く、開花時期がずれるため長い期間楽しむことができます。樹木や池など自然が豊富なこの公園は、お花が好きな人にもおすすめです。園内の一部の「ネイチャーゾーン」には、中央部の芝生を囲んで、ウメ・クヌギ・カラタチ・マユミ・シラカシ・ウツギ・コムラサキ・ハギなどが植えられています。 桜は、約80品種、約1,500本あります。ソメイヨシノの他、早咲きのカワヅザクラやカンザン、4月中旬~下旬に見頃を迎えるフゲンゾウ等の八重桜も見どころ。家族連れで楽しむことができるほか、芸術文化ホールでコンサートが開かれたり、スポーツプラザを利用して小中学校の総合体育大会などの体育行事が行われたりもします。

アクセス

電車
京成千原線千葉寺駅から徒歩約8分/JR千葉駅からバス約15分「ハーモニープラザ」または「スポーツプラザ」下車徒歩約5分。
京葉道路松ヶ丘ICから約5分。

千葉公園

千葉公園は千葉県千葉市中央区弁天にある総合公園です。入園料は無料。春になると660本のサクラが咲く、花見の名所としても知られ、6月下旬から7月の間は大賀ハスが花を咲かす鑑賞地ともなっています。

公園案内

ボートの貸し出しは30分200円で、3月1日より11月末日までが営業期間であり月曜日は定休日です。千葉市初の総合公園として1946年(昭和21年)6月に決定した戦災復興計画に基づいて陸軍の鉄道第一連隊跡地に整備された公園で、同公園内には野球場、プール、体育館等の運動施設や綿打池があります。

公園の施設

  • 野球場
  • 体育館
  • 綿打池のボート
  • レストラン
  • 大賀ハス蓮田
  • プール
  • テニスコート
  • 好日亭(茶室)
  • 蓮華亭
  • 千葉県忠霊塔など

アクセス

  • JR千葉駅より徒歩10分
  • 千葉都市モノレール千葉公園駅下車

幕張海浜公園

千葉県立幕張海浜公園は、千葉県千葉市美浜区にある県立の都市公園です。埋め立て地である幕張新都心において貴重な緑を創出するとともに、国際交流の場の創出を目的として開設されました。

歴史

1990年 (平成2年)
日本庭園「美浜園」がオープン、千葉マリンスタジアムが竣工。
1995年 (平成7年)
8月25日~10月22日にかけ、第12回全国都市緑化フェアが開催されました。
2011年 (平成23年)
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、美浜区各所で液状化等の被害に見舞われましたが、幕張海浜公園でも液状化の影響により園路の破損等があったほか、上下水道管の破断によりトイレが使用できなくなる等の被害が発生しました。

公園概要

公園の領域は大きく分けて、幕張新都心と幕張ベイタウンの間を北東から南西にかけて広がるA - Cブロックと、東京湾岸に沿って北西から南東に伸びるD - Gブロックからなり、前者は県立幕張海浜公園みどりと海パートナーズが指定管理者、後者は千葉県が直接管理しています。千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)は後者(Fブロック)に属しています。

Aブロック
公園の最北部にあたり、京葉線より北側のエリアです。公園のプロムナード部として、出会いの広場、創作の広場、ふれあいのプロムナードが設置されています。
Bブロック
花時計を擁する大芝生広場があり、公園の中心的なエリアです。幕張新都心の業務研究地区の東縁と幕張ベイタウンとを隔てます。三井アウトレットパーク幕張のすぐ東側が「にぎわいの広場」です。
Cブロック
公園のパークセンターと、日本庭園「美浜園」があり、美浜園園内には北山杉を用いた数寄屋造りの茶室「松籟亭」(しょうらいてい)があります。木々に囲まれたエリアです。
D・Eブロック
このうちD・Gブロックは稲毛海浜公園とともに1995年(平成7年)全国都市緑化フェアの会場となりました。東京モーターショーが幕張メッセで開催されていたときはD・Eブロックで試乗会が行われたことがあります。
Fブロック
千葉マリンスタジアム(2011年より命名権売却によりQVCマリンフィールドとなる)が位置します。
Gブロック
浜田川(メッセ大橋)の西側にあり、公園の最西部です。マウンテンバイクコースが整備されていますが、公園の他の領域と隔てられていることから、人が少ない地域です。

美浜園

  • 入園料 - 大人100円、子供50円
  • 開館時間 - 8:00 - 17:00(2011年)
  • 年中無休

アクセス

京葉線海浜幕張駅南口下車 徒歩約10分。

おそとで あそべる おもちゃ